ちょっとだけ物知りになれるブログ

世の中の不思議なこと、疑問に思ったこと、とても感動したことを私の目線で記録していきます。

自分なりに食品ロスについて考えてみた。

 

こんにちは。わたしたちがいつも食べている食料。スーパー、コンビニに行くと、いつもいっぱい並んでいます。でもテレビを見ると飢餓に苦しんでいる人々もたくさん見られます。日本の食料事情はどんなことになっているのか?特に、食品の廃棄について考えてみたいと思います。

f:id:wakatech2000:20171223045356j:plain

 

食品ロスとは

 

食べられる状態であるにもかかわらず廃棄される食品。小売店での売れ残り・期限切れ、製造過程で発生する規格外品、飲食店や家庭での食べ残し・食材の余りなどが主な原因。フードロス
[補説]日本で年間約1900万トン排出される食品廃棄物のうち500万~900万トンが食品ロスとされる(「平成17年度食品ロス統計調査」等に基づく農林水産省総合食料局の試算より)。 

食品ロス(ショクヒンロス)とは - コトバンク

 どれくらいの食べ物が捨てられているか?

 

日本国内における年間の食品廃棄量は、食料消費全体の3割にあたる約2,800万トン。このうち、売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しなど、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は約632万トンとされています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(平成26年で年間約320万トン)を大きく上回る量です。また、日本人1人当たりに換算すると、"お茶碗約1杯分(約136g)の食べ物"が毎日捨てられている計算となります。

日本の食料自給率は現在39%(平成27年度)で、大半を輸入に頼っていますが、その一方で、食べられる食料を大量に捨てているという現実があるのです。もったいないと思いませんか。

食品ロスを減らすために、食べ物をもっと無駄なく、大切に消費していくことが必要です。

 

もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

気づいたこと。わかったこと。

賞味期限とは美味しく食べられる期限で消費期限とはこれ以上過ぎると 健康被害がでる可能性がある期限であるということ。

毎日、廃棄される食品は1900万トンで、1人あたり、おにぎりが1個か2個くらい。

まだまだ食べられる時点で捨てられているということ。

 

最後に私の感想。

スーパーに行くと、いつも思うのだが、これだけの量の食品を売りさばくことは可能なのかと。

特に、生鮮食品や生菓子などは心配に思っていた。調べてみたら、やっぱり処分されているという現実はやはりショックである。世界でも食料危機に困っている国は多い。業者さんよりも我々、消費者が賢くなって、賞味期限で判断するのではなく、自分自身で食べられるか判断できる気もする。本当は余った食品を困っている国に回せることができれば良いと思うのだが、国同士の問題なので、どうにもできない。せめて、わたしだけでも、出来るだけ大切に余分な食品を買わないように、出来るだけ、消費期限ギリギリのものを買うようにしてみたい。

 

 

新型ロケットについて調べてみた。

こんにちは。最近は北朝鮮から新型のロケットが飛ばされています。日本に落ちる可能性もあるとの事で、本当に困っていますが、日本のロケット技術も進化していると聞いてますので調べてみたいと思います。 

f:id:wakatech2000:20171219055352j:plain

新型ロケットとは

H3ロケットは、H-IIA/Bロケットと比較して、打ち上げ費用の削減、静止軌道打ち上げ能力の増強、打ち上げ時の安全性の向上、年間打ち上げ可能回数の増加を同時に達成して、宇宙開発における日本の自立性を確保すると同時に、商業受注で国際競争力のあるロケットを実現させるために開発される。また、年間打ち上げ可能回数の増加による産業力の維持、新規ロケット開発機会の提供による技術力の維持、老朽システムの更新も開発の目的である。2014年平成26年)度から開発が開始され、総開発費は約1,900億円。H-IIロケットを原型とした改良開発であったH-IIA/Bと違い、H3ロケットは新しいコンセプトに基づいた、大型液体燃料ロケットとしてはH-II以来の新規開発ロケットとなる 

H3ロケット - Wikipedia

 

fanfun.jaxa.jp

 

気づいたこと、わかったこと。

  •  液体燃料と固体燃料があり、固体燃料のロケットは構造が簡単ですが、コントロールがむずかしい、液体燃料のロケットは構造が複雑で、コントロールしやすい。
  • ロケットにも人口知能がついている、点検もコンピューターができる。

 

 

国民年金の納付率について考えてみる。

 こんにちは。今日は税金について考えてみたいと思います。先日、国民年金の納付率が50パーセントくらいとの記事を読みました。わたしも毎月払っているのですが、過去の記憶で80パーセントくらいと思っていたので、どうして納付率が下がったのか、ちょっと調べてみたいと思います。記録してみます。 

f:id:wakatech2000:20171219054553j:plain

国民年金とは

国民年金は、個人事業主自営業者が加入対象となる保険制度です。
保険料支払いは本人によって行われます。

原則として65歳から受け取ることができる保険制度であり、
実際に受け取るためには国民年金の納付期間と免除期間、
厚生年金に加入していた期間などを合算して、
25年以上の保険料の支払いがあることが必要となります。

保険料を納めた期間、免除を受けた期間によって受け取る年金額は異なります。

国民年金とは - コトバンク

 

国民年金の納付率

厚生労働省は30日、自営業者らが入る国民年金に関し、被保険者が納めるべき保険料のうち実際に払われた割合を示す納付率が2016年度に65.0%になったと発表した。前年度から1.7ポイント上昇し、改善は5年連続。低所得などで保険料を免除・猶予される人は算出から除いており、それらを含む実質的な納付率は40.5%にとどまる。

国民年金納付率65% 16年度、実質は40.5% :日本経済新聞

 

国民年金免除の条件とは

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。

免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の四種類があります。

 

保険料を納めることが、経済的に難しいとき|日本年金機構

 

気になったこと、わかったこと

  • 1990年代は国民年金の納付率は80%台であったのに、200年代は60%くらいになっている、非正規雇用増加が原因のようだ。
  • 25歳から35歳は納付率が50%くらいしかない。
  • 世代間の格差が表れている。
  • 1960年生まれくらいから、支払うお金と将来に支給されるお金がプラスマイナスゼロくらいで、それ以降は支払うお金の方が、支給されるお金より多くなる。
  • 1985年生まれくらいになると、支払うお金が約700万円くらい多くなるのではないか。

最後に、わたしの感想

 みなさんは老後の資金として国民年金を考えていますが、老後の資金だけでなく、事故や病気の時の障害に支払われたり、死亡した場合には遺族に支払われたりもします。収めた分は社会保険控除の対象になり、税金が安くなったりして、その他メリットも多くあると思います。そもそも納税は国民の義務だと思うので、メリットデメリット関係なく納めるべきと思ってます。

 

 

 

興味があったので世界遺産の富士山について

先日、名古屋に行く途中の新幹線の車窓からとてもきれいな富士山が見えました。2013年に世界遺産登録されたと思いだしたので、世界遺産の富士山について、なぜ世界遺産になったのか?今後の課題はなにか?調べてみました。

 

f:id:wakatech2000:20171217052932j:plain

富士山とは

山梨県静岡県にまたがる典型的な成層火山活火山で,常時観測火山。日本の最高峰で標高 3776m。富士箱根伊豆国立公園の中心で特別名勝。現在の山体の基盤には小御岳火山と古富士火山があり,南部に富士山より開析の進んだ愛鷹山がある。山頂には直径約 700m,深さ 200mの火口がある。山麓には寄生火山富士五湖溶岩流,風穴,氷穴,白糸の滝など火山活動に起因する地形が多い。有史以来も噴火の回数は多く,貞観6(864)年の活動では寄生火山の一つ長尾山(1424m)から大量の溶岩を流出。青木ヶ原の一部,本栖湖精進湖西湖を形成。最後の活動は宝永4(1707)年南東側の中腹での噴火で,この際に宝永山(2702m)の火口が形成された(→宝永富士山噴火)。以後,火山性活動はほとんど認められないが,東京大学地震研究所と防災科学技術研究所が観測を続けている。山頂に浅間神社奥宮がある。山岳信仰の対象としての富士登山平安時代に始まり,江戸時代には富士講が普及して山麓には宿坊が発達した。日本を代表する国立公園の一つとして世界にも知られ,交通の便や宿泊,レクリエーション施設は完備している。登山口としては須走口,吉田口などがあるが,1964年河口湖から 5合目(小御岳)まで富士スバルライン開通,続いて 1970年に御殿場富士宮から富士スカイラインを経て新5合目までの表富士周遊道路が開通。富士山と周辺の湖,神社などは,2013年「富士山:信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産文化遺産に登録された。

富士山(ふじさん)とは - コトバンク

 

富士山が世界遺産になる理由

2013年6月、富士山は世界遺産に登録されました。当初、富士山は「自然遺産」への登録を目指しており、「文化遺産」登録までには約20年の歳月がかかったことになります。そしてようやく世界遺産登録に関わってきた機関や人々のすべての努力が報われました。
ところで富士山が「自然遺産」への登録ができなかった理由は、し尿やゴミ投棄などの環境保全の問題でした。当時の富士山といえば、し尿は垂れ流し、裾野にはゴミが放置されていたからです。今では山小屋のトイレが整備され、登山者自身のモラルも高まりました。裾野へのゴミの廃棄も見られません。どこから見ても美しい富士山になっています。
登山者の増加に伴いオーバーキャパシティーの問題も指摘されるようになりました。2014年度から山梨県静岡県は富士山環境保全金を徴収し、富士山の環境保護や登山道の整備などに使われています。美しい富士山を後世に伝えるために、私たちも自分たちができる範囲での協力をしていきたいものです。

富士山が世界遺産になる理由 | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI

 

富士山が世界遺産で構成されている資産

標高1500m以上の地域、白糸の滝、富士五湖三保の松原など25か所。

構成資産について | 富士山が世界遺産に選ばれたわけ | 世界遺産 富士山とことんガイド

 

気になったこと、わかったこと。

  • シーズンになると登山者が30万人くらいいること。
  • 世界遺産の中でも、自然遺産ではなくて、文化遺産であるということ。
  • 世界遺産によってまわりの地域経済の発展につながるということ。
  • 今後は環境維持対策、車両規制、入山料、景観整備、案内板の充実などの課題が多くあるということ。

 

最後にわたしの感想。

富士山は過去に1回登りましたけど、しんどかったので、もういいなと思ってます。

今回勉強してみて、興味がでたのは、富士山の周りに登録されている自然遺産です。三保の松原は富士山から40キロくらい離れていますが、とても行きたくなりました。

登録から5年くらい経過してますので、少しは、人混みがすいているかな?行ってみようとおもいます。

 

 

 

原子力発電について、僕も考えてみた。

毎日、原子力発電のニュースを聞きます。福島の事故以来、原発は怖いものと思ってますが、原子力発電が必要と言っている人も多くいます。いろんな意見があるなかで、悪いところばかりではなく、原子力発電の良さも調べたいとも思いました。記録してみます。

f:id:wakatech2000:20171215051840j:plain

なぜ原発が必要なのか?

エネルギーは人の暮らしに欠かせないものであり、決して絶やすことのできないものです。そのためエネルギーには、安定的に供給されること(Energy Security)、コストが安いなど経済効率性が高いこと(Economic Efficiency)、環境に適合すること(Environment)が求められます。この3つの「E」に、それらの大前提となる安全性(Safety)の「S」を加えた「3E+S」は、エネルギー政策の基本要素として、バランスよく実現されることが重要となります。

石油や天然ガスなどの資源に乏しく、エネルギー自給率が8%(2016年度推計)とたいへん低い水準にある日本では、この「3E+S」を実現するため、さまざまな取組が重ねられています。この「3E+S」の観点から見ると、原発には以下のようなメリットがあるため、現状では、日本に欠かすことのできない電源となっているのです。

原発の安全を高めるための取組 ~新規制基準のポイント|広報特集|資源エネルギー庁

原発のメリット

リストアイコン安定供給を確保できる
エネルギー供給の安定性を図るためには、安定的かつ効率的に電力を供給することのできる「ベースロード電源」が必要です。原発はその役割を担っています。

リストアイコン低廉な電源である
少量の資源から発電できる量が圧倒的に多いため、発電コストを安価に抑えることができます。安全性を高めるための設備投資費などを上乗せしても、低廉な電気を供給できます。

リストアイコン温室効果ガスの排出を抑制できる
日本は、温室効果ガスを2050年までに80%削減するという目標を掲げています。そのためには温室効果ガス排出量の少ない電源に置き換えていく必要があります。原発は運転時に温室効果ガスを排出しない電源のひとつです。

 

原発の安全を高めるための取組 ~新規制基準のポイント|広報特集|資源エネルギー庁

 

震災後に決まった、原発の新基準とは

東京電力福島第一原発事故の反省から、原子力規制委員会が新たにつくった安全対策の基準。13年7月に施行された。福島で起きた炉心溶融メルトダウン)のような重大事故への対策を義務づけ、地震津波の想定をより厳しくした。規制委は、電力各社が申請した原発が基準を満たしているかを審査する。この審査をクリアすることが原発を動かす前提となる。 

原発の新規制基準とは - コトバンク

 

調べてみて、気づいたこと、わかったこと。

事故が起こる前は絶対に事故が起こらない前提で、基準をつくった、事故後は事故が起こる前提での基準に変わった、災害テロ対策、設計基準、地震津波対策など。

ほとんどの原発は、昔の事故は起こらない考えで、設計したので、今になって、活断層とか構造とかで、問題になっていること。

最後にわたしの感想

原発は電力をつくるコストが安いと聞いて育ったわたしは、今になって結局、すごいコストがかかるなと思っている。新しい基準では今の立地条件では原発運転は厳しいと思った。でも他の発電方法もコストがかかるし、環境汚染もひどいと聞いた。やはり長所短所がある中で、いかに省エネで生活していくことが、未来にとって大切か、わたしは再確認できた。最小限のエネルギーを使って生活する。わたし1人からでも実践したい。

 

 

 

 

ヤマト運輸 小倉昌男さんの本を読んでみて学ぶ!「必要は発明の母」

こんにちは。昨日、図書館でヤマト運輸の創業者の小倉昌夫さんに関する本に出会いました。銀座の商人と言われた、小倉さんの考え方がとても印象に残ったので記録してみたいと思います。

f:id:wakatech2000:20171122125037j:plain

f:id:wakatech2000:20171214051113j:plain

 

小倉昌男さん

幡代小学校卒業。同年、当時府立一中を上回る最難関の官立東京高等学校尋常科に入学。1942年秋、東京高等学校高等科卒業。1943年秋、東京帝国大学経済学部入学。1947年東京大学経済学部(旧制)卒業。1948年、父・小倉康臣が経営する大和運輸(現・ヤマトホールディングス)に入社。

入社後半年で肺結核を患い4年間の入院生活を送るが、大和運輸がGHQ関連の輸送業務を担当していた為、日本国内ではほとんど入手困難だったストレプトマイシンを米軍ルートで入手できた事もあり、当時としては奇跡的に回復。退院後静岡県の子会社の再建を手がけたのち本社に復帰し、1961年取締役となる。

1971年、康臣の後を継いで代表取締役社長に就任した。1976年オイルショック後に低迷していた大和運輸の業績回復のため、『宅急便』の名称で民間初の個人向け小口貨物配送サービスを始めた。サービス開始当時は関東地方のみだったが、その後、配送網を全国に拡大し、ヤマト運輸1982年に商号変更)が中小の会社から売上高一兆円の大手運輸会社に発展する基礎を築く。1987年代表取締役会長に就任。

宅配便規制緩和を巡り、ヤマト運輸が旧運輸省(現・国土交通省)、旧郵政省(現・日本郵政グループ)と対立した際、企業のトップとして先頭に立ち、官僚を相手に時には過激なまでの意見交換をした。理不尽な要求に毅然として立ち向かう様子は一貫しており、1979年には創業以来の取引先である三越が、岡田茂社長の就任以後運送費の大幅引き下げ・映画チケットの大量購入など理不尽な要求を繰り返す様子に耐えかね、同社に対し取引停止を通告した事もある(詳しくは三越事件を参照)。この様子は両社のシンボルマークに引っ掛けて「ネコがライオンにかみついた」として話題となった。

一方、1974年から1984年まで旧建設省(現・国土交通省)の道路審議会の委員、1985年から1996年まで道路審議会基本政策専門委員を務めた。陸運業である事から、採算性が疑われる高速道路の建設を推進したが、後に日経ビジネス誌にて自らを「国賊」と反省の弁を述べている。

1991年代表取締役相談役1993年に名誉会長を経て、1995年に退任した後は、ヤマト福祉財団理事長として障害者が自立して働く場所作りに取り組んでいた。また、「郵政民営化」を唱えた小泉純一郎首相との親交でも知られていた。

老年になってから足が弱り、杖を使用して歩行をしていた。股関節骨折を発症し金属製のボルトを挿入して大腿骨頭を固定する外科手術を受けている。飛行機などに搭乗する際に金属探知機に毎回反応するため、その度に説明をすることが億劫になり、金属で補強された部位のレントゲン写真と同じ画像をテレホンカードに加工してもらい常に携帯。分かりやすい写真を提示して最小限の言葉を添えれば十分説得力があるから、と語っていた。

2005年6月30日、アメリカロサンゼルスの長女宅で死去。享年80[1]

個人の信仰としては、救世軍の信徒であり、妻はカトリック教徒であった。

長男は、ヤマト運輸の現法人(旧法人は、現在のヤマトホールディングス)初代社長の小倉康嗣である

 

小倉昌男 - Wikipedia

 

www.kuronekoyamato.co.jp

 

www.nippon-shacho.com

 

小倉昌男さんの言葉

  • デメリットを恐れて立ち止まったら発展はない。
  • 儲からないから止めてしまう、というのでは情けないではないか、それをやるのが経営者の意地ではないか。
  • 数千人の社員にいろいろなことを徹底させるには、短い言葉で伝えないと浸透しない。
  • 企業が悪い循環に入っているときは、目先の損得だけを考えていると失敗することが多い。
  • お金はまるで無いと困るけど、一杯飲むくらいのお金があればね、それ以上、あってもしょうがないでしょう?
  • 勲章をもらって何になりますかな。親父は旭日三等とかをもらいましたがね、立派そうなルビーが付いていましたよ。古道具屋に売り飛ばしてしまいたかった。
  • 烏になったつもりで、高い所から鳥瞰してみたらどうだろう。
  • ヤマト運輸は、監督官庁に楯突いてよく平気でしたね、と言う人がいる、別に楯突いた気持ちはない。正しいと思うことをしただけである。
  • サービスとコストは二律背反の関係だから、利益を強調するとサービスが中途半端になってしまう、だから、あえて採算意識を捨てさせた。
  • 良いサービスを提供すればお客様に喜んでいただける、
    お客様に喜んでいただければ荷物が増える、
    荷物が増えると、エリア当たりの荷物の個数が増えて密度化が進む、
    密度化が進むと生産性が上昇し、自然に利益が出る、
    とにかく良いサービスを提供することだ。
  • 「なんでだろう」から、仕事は始まる。
  • リーダーには説明能力も必要です、社員がやる気にならないことには、どんな事業も成功しません。

 

最後にまとめ、私の感想。

 

いつも読書は心をすっきりとさせてくれる。今回も爽快感があり、仕事のやる気もでてくる本だった。 宅配便が世に出る前は郵便小包みで面倒な包装して、わざわざ郵便局まで持って行って、いつ物が到着するのかわからない時代のところから、法律と戦い、1つ1つ変えていき、規制緩和のために運輸省と戦い、苦労の末に生み出した宅急便であること、そして1番弱い人の目線になってモノを考えること、銀座の商人らしく自分の生活を楽しむこと、そこで生まれてくる発想力。この本を読んで、「困っている人がいればそこにニーズが生まれてくる。」ということを学んだ。必要は発明の母である。

 

 

 

iPS細胞の実用化について考えてみた。

こんにちは。医療の本を読んでいたら、iPS細胞という言葉がたくさんでてきました。何年か前に開発された新しい細胞ということはわかるのですが、どんな細胞か?実用化できるのか?調べてみたいと思います。記録してみます。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

f:id:wakatech2000:20171213052830j:plain

iPS細胞とは

人間の皮膚などの体細胞に、ごく少数の因子を導入し、培養することによって、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力をもつ多能性幹細胞に変化します。 この細胞を「人工多能性幹細胞」と呼びます。英語では「induced pluripotent stem cell」と表記しますので頭文字をとって「iPS細胞」と呼ばれています。 名付け親は、世界で初めてiPS細胞の作製に成功した京都大学山中伸弥教授です。

どのような活用ができるのか?

iPS細胞は、再生医療や、病気の原因を解明し、新しい薬の開発などに活用できると考えられています。

再生医療とは、病気や怪我などによって失われてしまった機能を回復させることを目的とした治療法です。 iPS細胞がもつ多分化能を利用して様々な細胞を作り出し、例えば糖尿病であれば血糖値を調整する能力をもつ細胞を、神経が切断されてしまうような外傷を負った場合には、失われたネットワークをつなぐことができるように神経細胞を移植するなどのケースが考えられます。 iPS細胞から分化誘導した細胞を移植する細胞移植治療への応用が期待できます。

一方、難治性疾患の患者さんの体細胞からiPS細胞を作り、それを神経、心筋、肝臓、膵臓などの患部の細胞に分化させ、その患部の状態や機能がどのように変化するかを研究し、病気の原因を解明する研究も期待されています。 例えば、脳内にある神経細胞が変化して起こる病気は、外側からアクセスすることが難しく、また変化が進んでしまった細胞からは、正常な状態がどうであったかを推測することが難しいとされてきました。 iPS細胞を用いることで、こうした研究が飛躍的に進む可能性があります。

また、その細胞を利用すれば、人体ではできないような薬剤の有効性や副作用を評価する検査や毒性のテストが可能になり、新しい薬の開発が大いに進むと期待されています。

 iPS細胞とES細胞の違いは?

ES細胞は受精後6、7日目の胚盤胞から細胞を取り出し、それを培養することによって作製されます。一方、iPS細胞は皮膚や血液など、採取しやすい体細胞を使って作ることができます。 また、ES細胞と違って、iPS細胞は患者さん自身の細胞から作製することができ、分化した組織や臓器の細胞を移植した場合、拒絶反応が起こりにくいと考えられます。

iPS細胞とは? | よくある質問 | もっと知るiPS細胞 | 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ)

 

調べてみて、気になること、わかったこと

皮膚とかの細胞で増やせる。

病気の人の臓器をよみがえらせたり、新しい薬の開発に役立てることができる。

心不全、脊髄損傷、パーキンソン病、血小板減少症など。

臓器移植などの拒絶反応やガンになるリスクはあるので、実用化には時間がかかる。

新しい薬の開発が実用化に近い、人に投与する前に実験できるため。

アルツハイマー病を予想できるかもしれないということ。

 

最後にまとめ、わたしの感想

自分の細胞からつくることができると聞いて、びっくりした。

もし、実用化ができれば、長生きできるのだろうなって純粋に思った。

でも実際に調べてみると、いろんなリスクがあり、厳しい道のりであることもわかる。

新しい薬の開発に役に立つとのことで、それだけでもありがたい。

この細胞が世界のいろんな人を助けてくれる日も近いかもしれないとも思った。