ちょっとだけオタッキーなことを話しているブログ

世の中の不思議なこと、疑問に思ったこと、日々感じたことを話します

ロウソクの科学。人間とロウソクは同じであるということ。

「この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、ロウソクが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは一つもないといってよいくらいです」ロンドンの貧しい鍛冶屋の家に生まれたファラデーは、1本のロウソクを用いて科学と自然、人間との深い交わりを伝えようとする。子供たちへの慈愛に満ちた語りと鮮やかな実験の数々は、科学の面白さ、そして人類の未来をも照らしだす。時を超えて読者の胸を打つ感動的名著。

f:id:wakatech2000:20200412112122j:image

 

ロウソクの科学 (角川文庫)

ロウソクの科学 (角川文庫)

 

 

ロウソクに対してのいろんな疑問を通じて、人間社会との共通点を見出している。

ロウソクを見ていると、不思議だと思うことが多い。

まず、ロウソクと石油ランプを比較している。炎の出方が違うということ、ロウはどうして液体になり、炎の方に上がっていくのか?青い食塩を食塩水にして、実験している。ロウソクの炎の真ん中に紙を突き刺すと、紙の周りが焼けるのがわかったり、ロウソクはなぜ消えるのか?一酸化窒素を使い実験している。なぜロウソクの炎の先端はくぼんでいるのか?など。

私の記憶に残っていることを適当に並べて紹介したが、まだたくさんの実験をしている。1本のロウソクが燃えることで、いろんな疑問を持ち、1つ1つ調べあげる著者のエネルギーに感銘を受ける。

 

印象に残っていることだが、人間とロウソクは同じ二酸化炭素を出す。人間とロウソクは同じである。その二酸化炭素を使い植物は酸素を作り出してくれている。その酸素を使ってロウソクは光、明るさを出して、まわりのものを照らす働きをしてくれている。人間も同じく、活動によって他の生き物の役に立つよう、貢献しなければならないということを教えてくれている。

 

最後に当たり前のことに不思議なことはたくさんある。当たり前のことに疑問を持ち、勉強して、知識にすることは自分の人生を幸福にしてくれると思う。昔の本だが、素敵な一冊だ。

f:id:wakatech2000:20200412112145j:image

 

要点

私たちの身近にある1本のロウソクには、この宇宙を支配するすべての法則にかかわりがあると言っても過言ではないほど、たくさんの科学的な現象が起こっている

 

当たり前だと思って見過ごしてしまうような現象にも、たくさんの不思議が隠れている。それを見つけ、考える視点を持つことが重要だ

 

ロウソクのように周りを明るくし、人とかかわりを持ちながら、自分の義務をはたす人間になってほしい。それがロウソクを使った講演を行った著者からのメッセージだ。

 

http://ロウソクの科学 | 本の要約サイト flier(フライヤー) https://www.flierinc.com/summary/2086

 

6.65インチのスマホに替えようと思ってます。

6.65インチのスマホに替えようと思ってます。


2年前までは、スマホタブレットを携帯していたのですが、
8インチのタブレットが意外と邪魔で、
1年位前から6インチのスマホに替えています。


ただ、6.65インチのスマホが発売されて触ってみたのですが、
結構違いがわかりました。
ディスプレイの大きさがちょっと違うだけで、 効率が全然違うのです。


どこが違うのかというと、縦幅は同じですが、横幅が違います。
書類をみたり、 読書をしたりするときの視認性が横幅が大きい方が高くなります。


また昨年発売された、Oppoスマホはノッチが無いので、 画面を隅々まで使える ことも大きいです。


このディスプレイのちょっとした大きさが違うだけでも、 急に快適に使用できると
思うとおもしろくなります。


kindleの読書など、ガンガン行けそうです。


そういう意味では、 ギャラクシーの折り畳みスマホにも注目してます。

 

 

 


https://www.kashi-mo.com/ media/30078/

歩くことについて書いてみました。

こんにちは。
 
毎日1万歩以上歩くようになって、1年が経ちました。
 
もともとはダイエットのつもりで、始めたのですが、
習慣になってくると、気持ちが良いものです。
体重はあまり1年前と変化はありませんが、
内臓脂肪が落ちました。
 
自分が1番に感じていることは、
気持ちが楽になって、体も動くことです。
 
ちょっとした、面倒くさい雑用や仕事が
楽にできるようになります。
自分が面倒なことは、他人も面倒なので、
素早く処理すると感謝されたりします。
そうなると、うれしくなり、またやりだします。
プラスのスパイラルが始まってき ます。
 
人間はもともと、狩猟で生きている動物なので、
歩かないと具合が悪くなる動物だと、
誰かが言ってました。
 
文明が発達しても、人間が動物としての基本は歩くこと
なのかもしれません。

成功また挑戦また挑戦

今日はライト兄弟の絵本を読みました。ライト兄弟って誰?って思う人もおられると思いますが、簡単に言うと、アメリカの人で初めて、飛行機を作って空を飛んだ人たちと言えばいいのでしょうか。

 

絵本を読むとスゴイ人なんだと思いますが、絵本に書いてなく、人生を調べてみると、厳しい人生だったようです。苦労して完成させた、飛行機の技術を誰にも真似されないように、特許を取って、ライト兄弟がつくった飛行機を参考に作ったいろんな人たちと裁判をしたり、お兄さんが志半ばの45歳で亡くなったりして、飛行機を作って成功したばかりに、その後の人生が大きく変わってしまったそうです。そして、2人は生涯独身だったそうです。それくらい、飛行機作りに一生を、捧げていたのかもしれません。

 

自分の人生にすべてを掛けて、飛行機を作り、成功したのですから、他人に真似をされたことに腹が立つのも、わかりますが、やはり成功したことにおいて、次の成功に挑戦する必要があったのではと思ったりもしました。自分たちの成功を独り占めにすると、守りになってしまい、次の挑戦ができなくなります。得をしたら、分け与えて、徳をとる。そして、また挑戦。成功は守るものではなく、次の成功をつかむために使う。そんな風に思ったりもします。

 

 

あくまでも10パーセントです。

暑い日が続いております。

わたしは毎日、とりあえず10000歩を目標に歩いております。仕事や生活行動も込みなので、

外に歩くというのは、1時間くらいでしょうか。毎日歩いていると、このペースだと、どれくらい歩いた。ここまで歩くと2000歩だな。とか、感覚で覚えてしまいます。

 

毎日続けたから、どうなったか?なんて、実感はありませんが、太らないので、効果はでているのかなってところです。10000歩というと、だいたい5キロから6キロくらいの距離で、消費カロリーは100キロカロリーくらいですから、ゆでたまごを1.5個くらい食べると終わってしまいますが。

 

ただ、歩いていると気持ちがいいです。いろんな変化を発見できます。草花、虫、クルマ、空、すれ違う人。毎日、同じものはないのです。そんな何気ない変化が面白く、そんなことを考えている自分が幸せだなって思ったりもします。

 

ただ、マンネリは好きではないので、1ヶ月おきに、コースを変えたり、ちょっとだけ走りを加えたりします。10パーセントくらい負荷を多くかけることもしています。習慣になると、身体が適応してきますので、上のレベルに行くのは、必要だと思いますが、あくまでも10パーセントです。余計に上がると嫌になるので、自分なりに楽しむ。これが大事。

 

よくないことが起こるときも、必ず小さな変化はあるものです。

いつも暑い日が続いております。

夏は暑いのが、当たり前ですが、ひと昔前のからは考えられない、気温まで上昇するので、驚きです。何事も大きな事が起こる前には、必ず小さな変化が起きているわけで、20年、30年前から、このような温暖化は予想できたのかも知れません。

 

わたしは常に小さな変化を見逃さないように過ごしています。普段から決まった時間に決まった行動をするので、小さな変化に気づきやすいのですが、変化を感じたときは、何故?を考えて、対応します。

 

相手の顔色から、髪型、服装、天気、気温、湿度、食べ物、同じような毎日でも、必ず何かが違います。そこから、なぜ?違うのか、考えていると、たまにあるキーワードが見つかったりして自分の中で楽しくなってきます。

 

よくないことが起こるときも、必ず小さな変化はあるものです。物が壊れる時は、異音がしたり動きが悪くなったり、必ず突然壊れることは少ないです。大事故の報道を知ると、何か、前兆があったのでは?と思ったりもします。何か防げる方法はあったのではないかと。

 

人間は起こってから、議論を起こしますが、小さな変化の時点で、議論をして対策することはとても大事なことだと思います。こんな暑い日も将来の小さな変化だと思い、何か嫌な予感を感じたりもします。

敵の敵は味方だったり、味方の味方は敵だったり

1000人の味方あれば、1000人の敵あり

 

ごんな記事を目にしました。

味方と敵の区別の仕方ってなんでしょう?とか思います。普通に考えると、自分にとって気持ちいいことを言ってくれたり、行動で示してくれたりする人は味方と思い、逆に不快な気分にさせてくれる人は敵と思ったりもします。これってどう?確かに、自分にとって気持ちいいことをしてくれる人は、一緒にいて気持ちがいいですが、これはなぜ?相手はなぜ、自分にしてくれている?言ってくれている?それは、相手自身のためか?わたしを思って言ってくれているのか?いろいろ考えてしまいます。敵だと思っても、わたしのためにあえて、嫌な人になっている人もいるはず。いろいろ考えてしまいます。

 

敵か味方かなんて、やっぱり判断するのは、時間がかかるのです。物も人も表裏一体。いいとこもあれば、悪いとこもあるわけで、いろんな角度からみて、相手と付き合うことが理想的な気がします。結局は自分のこころが好き嫌いを判断しているだけで、俯瞰してみれば、良いところも見えてくると思うのです。そう思っていれば、今の時点では味方だけど、今の時点では敵だけど、ずっと同じ状態が続くかと思えば、そうでも無いような気もするんだけどなあ。