読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとだけ物知りになれるブログ

世の中の不思議なこと、疑問に思ったこと、とても感動したことを私の目線で記録していきます。

上司の言う事に理解できないときの対処法

f:id:wakatech2000:20160713192105j:plain

 

世の中にはいろんな性格の人間がいます。明るい人、暗い人、面白い人、真面目な人。。。

自分にとって身近な人もいろんな性格の人がいる中で、あなたの仕事の上司はどんな性格ですか?

尊敬しているのだけれども、言う事、指示されることに理解できないこともあるのではないでしょうか?

理解できないこと。わたしは、日常いろんな場面で経験します。

わたしの対処法を紹介します。

★★★★★

言っている事がわからないからと言って反発しない。

時間が解決する

 

自分が良かれと思って行動していても、相手は良く思っていないことはたくさんあります。もし指摘されたとして、立場にもよりますが、わたしはいちいち反論せずに受け入れることにしています。反論して良かったと思うこともありましたが、平均すると、【はい】と言って受け入れたときの方が、あとあとの仕事などもやりやすくなったと思ってます。

その方と付き合っていたときは理不尽だらけでしたが、1年たち、2年経ったあたりから、状況が変わってきたようになりました。(なにも言われなくなった、新しい仕事をやらしてもらえるようになった、上司が代わったなど。。)

 

理不尽な思いは力に変える。

 

新しい目標に向かって頑張っていると、かならず、新たな障害がでてきます。

明らかに考えられな理不尽な思いもすることも多くあります。

どんなに理解できなくても受け入れなければいけません。

わたしはこんなことを気にするより、反骨精神で頑張ってます。

あんなこと言う奴には負けたくない、かならず見返してやる。

なんて思うと、力がでてきます。自分に自信がでてきます。

 

最後にまとめ

以前、素敵な上司からは【迷った時は困難の多いところに進め】と言われました。

困難なところに進むことで、あらゆる障害に出会います。

人間関係にしても、自分を応援してくれる人ばかりではありません。

上司なんかはは自分では選べない。

自分を強く持って、困難をパワーに変えて生きていきたい